健康にも美容にもいい発酵食品はいつの時代もおすすめ

 

数年前に塩麹が流行りましたが、
昨年末くらいから「甘酒」が人気です。
甘酒は大きく2種類にわかれ、
酒粕ベースのものと麹ベースのものがあるのですが、
最近注目されているのは
麹と蒸したお米を発酵熟成させたタイプです。

 

酒粕にお砂糖を足したタイプと違い、
麹の消化酵素によって
米に含まれるでんぷんがブトウ糖に
変化して甘みを出すため、
身体によくカロリーも低いので
ダイエットにもオススメ
です。

 

しかもその成分バランスは
ビタミンやアミノ酸なども含まれ、
病院で使われる栄養補給の点滴
とほぼ同じことから「飲む点滴」と
呼ばれて一気にブームとなりました。

 

そもそも発酵食品はなぜ身体によいのでしょうか?

 

それは発酵のプロセスを知ることが大事です。
発酵というのは、
食品などに含まれている菌などの
微生物の働きによっておこるもの。
微生物が食材に吸着し、
繁殖を繰り返すことで、
元々の食材の成分を変化させることを
「発酵」と呼ぶのです。

 

たんぱく質が分解されて、
アミノ酸やビタミン、糖類などの栄養成分が増し、
それに伴い旨味成分も増加します。

 

菌や微生物のおかげで元々の食材よりも食べやすく、
より身体によいものになったのが
「発酵食品」といえるでしょう。

 

ただし、世の中にはたくさんの菌や
微生物があるので、
どんな菌や微生物でも
食材にとっていい影響を与えるわけではありません。

 

人間の体によい影響を与えるものを
善玉菌、悪い影響を与えるものが悪玉菌と
分類することができるのですが、
分かりやすくいえば善玉菌は食材を「発酵」させ、
悪玉菌は食材を「腐敗」させてしまうのです。

 

 

日本には大昔からたくさんの発酵食品が存在します。

 

もちろん世界中に発酵食品はありますが、
日本の発酵食品の種類の豊富さは
他の国とは比べ物になりません。
しかもその歴史は古く、
旧石器時代にヤマブドウを
発酵させたお酒を飲んでいたという資料もあり、
醤油・味噌・みりん・お酢など
多くの発酵食品が古くから
日本の家庭に身近にあったのです。

 

 

 

おそらく日本の気温や湿度などの気候条件も
発酵に適した環境だったのでしょう。
さらには日本が稲作中心で、
発酵に重要な麹菌が米と相性がよかったことも
関係しているかもしれません。

 

日本の気候や風土が古くから
多くの発酵食品を生みだした背景と、
発酵食品が身体によいことはお伝えできましたが、
本当に美容にもいいのでしょうか?

 

まず、身体によいとされる善玉菌には
どんな種類があるかというと、
味噌やパンなどを作る酵母菌やヨーグルトなどに
含まれるビフィズス菌、
納豆を作る納豆菌や麹菌、乳酸菌などです。

 

 

これらの善玉菌は元々の食材について
繁殖することで旨味や香りを引き出し、
保存がきくようになったり、抗酸化作用が高まったりするのですが、
摂取する時も一つの食材に大量に善玉菌が含まれているので、
大量摂取することで腸内環境が改善されます。

 

また発酵によってビタミンが増加したり、
必須アミノ酸やコラーゲンの吸収を増長するため、
発酵食品がもつ栄養素はお肌の潤いを保ったり、
新陳代謝を促進するなど美容にも効果が認められています。

 

さらにはお酢に含まれる酢酸菌がコレステロール値を下げて、
血管を広げるのに一役買うので、むくみも解消します。
代謝が上がれば、太りにくい身体になりますから
ダイエット効果もありますね。

 

あとは漬物(ぬか漬け・キムチ・ピクルス等)など
多くの発酵食品に含まれる乳酸菌は腸を元気にします。

 

 

 

腸内環境が整うと、便通も快調になりますし、
栄養素をしっかりとりいれることが
出来るようになるので免疫力も高まります。
便秘や肌荒れを引き起こす悪玉菌の働きも抑制します。

 

また、大豆に含まれるイソフラボンには
悪玉コレステロールを減らす作用や血液サラサラ効果もあります。

 

食品に含まれる抗酸化物質は、
カロチン、ポリフェノール、フラボノイドが代表格ですが、
これらは生食品からはたくさん吸収できません。
それが発酵食品ならばお手軽に身体に取り込めます。
アンチエイジングには欠かせないと言われる抗酸化物質ですが、
発酵食品を通じてより効果的な作用が期待できます。

 

美容には大敵といわれる疲れやストレスも
発酵食品で撃退可能です。
まず、疲労回復効果が高いと言われるお酢。
酸味のある発酵食品を食べたり、
ワインヴィネガーを調理に使うのもオススメです。
また天然アミノ酸のギャバは抗ストレス作用があると言われていますが、
日本人にはなじみの深い納豆や味噌、
粕漬けなどにも含まれているので
食べるだけでリラックス出来ると言われています。

 

善玉菌は加熱しない方がたくさん摂取出来ると言われていますので、
醤油も生醤油の方が酵素がたくさん入っているのでオススメですし、
味噌や酢などの調味料も、
火を加えない方が善玉菌を多く取ることが出来ます。

 

健康にも美容にもオススメな発酵食品。

 

日本では本当にたくさんの種類の発酵食品が身近にあり、
簡単に手に入るので、取り入れない手はありません。

 

 

人の体にとって必要不可欠な酵素を摂取する食生活

 

人体にとって必要不可欠な栄養素というと、
タンパク質、炭水化物、ビタミンといったモノを挙げる人が多いと言えます。
ですが最も人体にとって重要なのは「酵素」なのです。

 

酵素は生野菜や果物、発酵食品などに
含まれているのでしっかり食べるように心がけましょう。
酵素は生野菜、果物、生の肉、魚といった食品に含まれています。

ですが現代人というのは加熱してから食事をする機会が多いので、
酵素は不足しがちな栄養素と言うことが出来ます。
あと酵素は納豆、味噌、漬物といった発酵食品などにも含まれています。
だから意識して生の食品や発酵食品を摂取するようにして下さい。

 

酵素の力を高める優秀な食物繊維

消化、吸収された後の食べ物をカス、
老廃物を体外に排泄する為には
食物繊維が必要となってきます。
食物繊維というのは野菜、果物などに
多く含まれている「不溶性食物繊維」と
海藻類に多く含まれる「水溶性食物繊維」とが
存在しますが両方共大切だと言えます。

 

脂肪が全部悪者という事ではなく、質のいい脂肪は必要です

 

脂肪というのは肥満の元と思われています。
実際に過剰に脂肪を摂取すると
細胞の余計な脂肪を体内に溜め込んでしまうので太ってしまいます。
ですが質がいい脂肪を適量摂取することは
人間の体にとっては必要なことなのです。
マーガリンといった体に良くないトランス型油は控えて、
不足しやすいα-リノレン酸油を意識的に摂取することが大切だと言えます。

 

疲れたときの甘いものって本当に頭のエネルギー補給に役立つの?

 

疲れたときに甘いものが欲しくなる人は少なくありません。
確かにエネルギーになる成分も含まれてはいますが、
量には注意すべきです。
白砂糖を原料に含むお菓子類を食べ過ぎると、
血糖値が急激にあがります。けれどもすぐにまた血糖値は下がり、
逆に低血糖状態を呼んでしまいます。
また、白砂糖は血液中に含まれる悪玉菌の餌となり、
正常な身体の働きを阻害します。摂取し過ぎると、
肩こりや腰痛や頭痛といった症状のもととなりますので、
ほどほどの量にとどめておくようにしましょう。

 

生野菜は身体を冷やすってほんと?

 

よく聞かれる言葉ですが、正確には、
生野菜そのものが身体を冷やす、
というわけではありません。
身体中の酵素が不足したために、冷え性を生むのです。
つまり、酵素がたくさん含まれた生野菜をしっかりと摂取しつづければ、
全身の代謝が改善し、血液の循環も正常になっていきますので、
身体の冷えも覚えなくなっていくはずです。
ですので、冷え性改善のために、
生野菜や生野菜ジュースは酵素を一定量補給する為に貴重な存在です。
一日の食生活のなかでまんべんなくしっかりと摂取するように心がけましょう。

 

それでも冷えを起こすことを心配されるのであれば、
食後にブラックジンガーにお湯を注いだお茶を飲むと良いでしょう。
このブラックジンガーとは、
玄米の粉を酸化しないように特殊な方法で焙煎した粉です。
また、食物繊維を多くとるためにも、
野菜は煮たり蒸したりするほうがオススメです。
生野菜と加熱した野菜をあわせてバランスよく摂取すると、
身体機能も改善していくことでしょう。

 

スタミナ作りには肉や魚が必須?

エネルギーを食べることで得たい場合には肉や魚を摂取する、
というのが当たり前の風潮になっていますが、
これら動物性たんぱく質を消化するまでには、
大量の消化酵素と時間が必要です。

 

消化酵素を消費することにより、
スタミナが逆に落ちてしまう、ということも起こります。
そのため、疲れを取りたいというときには、
動物性たんぱく質の摂取は控えて、
消化器官を休ませてやり、
体内酵素を使わせないという酵素断食、
という方法のほうがよほど効果的なのです。