酵素ドリンクでのファスティングでリバウンドにならないためには?

酵素ドリンクを利用した断食ダイエットが人気を集めています。

確かに、酵素ドリンクは通常の食事よりカロリーが低いので、
置き換えることで痩せることができるでしょう。

 

しかし、断食ダイエットから通常の食生活に戻る際にリバウンドしやすいといわれています。
なぜ、このように言われるのでしょうか。

 

酵素ドリンクを用いた断食ダイエットは、
通常の食事を置き換えるものです。

 

ある程度の栄養と酵素を確保しながら、
カロリーを大幅に制限することが目的となります。
カロリーを大幅に制限することができるので、
短期間でも確実に痩せることができます。
しかし、カロリーとともに栄養も制限されるので、
やりすぎるとリバウンドしやすい身体になることがあります。

 

カロリーや栄養を過度に制限しすぎると、身体が飢餓状態に陥り、
わずかな栄養を蓄える体質に切り替わるといわれています。
また、筋肉量が減少するので基礎代謝が落ちることになります。
このような状態で普通の食事に切り替えると、食べた栄養を余すことなく吸収し、
蓄えるうえ、燃焼しにくい身体になっているため、リバウンドしやすくなるのです。

 

酵素ドリンクを用いたファスティングに限らず、食べないダイエットで良くみられる現象です。

 

ダイエット後にリバウンドしないためには、復食時の食事に気を付けるとよいかもしれません。

一般には、カロリーが少なく、消化器官への負担が少ないものから復食することが大切といわれています。
また、ダイエット中も必要な栄養や水分は補給し、適度な運動を行い、筋力を維持することも重要です。
短期間で痩せることは難しくなりますが、
身体が飢餓状態に陥らず、基礎代謝を維持できるので、
リバウンドのリスクが低くなります。
これらの点を理解してからダイエットに取り組むようにしましょう。

 

ダイエットは身近な取り組みなので軽く考えてしまいますが、
適切な指導がない中で過度なダイエットを行うと、身体に悪影響を及ぼすことがあります。
特に、必要量を「食べない・飲まない」ダイエットではそのリスクが高くなります。
確かに、酵素ドリンクには豊富な栄養が含まれていますが、過度に頼りすぎることはお勧めできません。
リバウンドを避けつつ、ダイエットをしたいのであれば、
日常的に節制をしつつ、その中で酵素ドリンクを活用してはいかがでしょうか。

 

毎日1食の置換え程度であれば、
身体への負担を抑えつつダイエットに取り組むことができるはずです。