日本人に多い便秘症

昔から健康の為の条件として快食、快眠、快便が知られています。
その逆が食欲不振、不眠、便秘となりますが、その点を考慮すると便秘というのは半健康症候群の一種と言うことが出来るのです。
東洋医学においては、便秘を注目して昔から「四百四病は全部便秘が原因で起こる」と言われるくらいですし、ヨーロッパの学者は「病気の種類は数多く存在しますがその原因は排泄障害の1つだけ」と言っています。
アメリカでも「便秘の時代」といった言葉が存在し、アメリカ人の下剤消費量は非常に多くて年間一千億円程になるのです。
日本においても人口の3分の1が便秘症といった調査結果がある程便秘の人が多いのです。中でも女性は便秘症である人がとても多く、女性の仲がいいグループの間では、便秘解消についての方法がいろいろ話題になるといった笑えない話があるくらいなのです。

 

 

便秘症の症状とは?

 

自分自身が便秘かどうかは意外と判断しにくいと言えます。
実際には便秘ではないと自己判断している人の中にも、本人が気がついていないだけで便秘症という人は結構多いと言えます。
結論を述べると便秘とは腸の機能が正常に働いていない状態を指します。
便秘症と判断する目安は3日以上排便がない状態を便秘といいます。
さらに毎日排便がある人でもお腹が張っている状態が続いていたり、残便感がありスッキリしない場合は便秘と判断されます。

 

 

どうして女性の方が便秘の人が多いのか?

 

便秘のほとんどのが機能性の便秘と言えますがその原因を紹介します。

 

トイレに行くことを我慢すると直腸より脳への信号が低下してトイレに行きたい思う感覚が弱くなってしまいます。
その結果として腸内の便が留まる期間が長くなり便の水分が抜けて小さい状態となるので排便がしにくくなってしまいます。

 

 

便秘の原因は偏食やダイエットにある 食事を摂取する量が少ない場合は食物残渣を直腸へ送る蠕動運動が弱くなるので便秘の状態が起こりやすいと言えます。

 

 

ストレスが便秘の原因 旅先での便秘というのは短期的なストレスにより自律神経のバランスが乱れてしまいます。

 

 

加齢が原因の便秘 歳を取ることでお腹の筋力が低下し、体力が落ちるので運動不足になりがちなのも便秘の原因となります。さらに糖尿病、高血圧、痔といった便秘の原因と言える薬を摂取する場合はその副作用も関与しています。

 

生理や妊娠が原因の便秘 生理前後、妊娠中などはホルモンが活発になるので便秘となる確率が高いのです。