酵素の摂取と正しいダイエット

果物は太りやすい?

 

果物は太りやすいと思われがちですが、実は果物は水分が大半でカロリー的にはほとんど問題がありません。
果物に含まれる「果糖」「ブドウ糖」は、エネルギー源として大切であり、白砂糖の「ショ糖」とは違うものです。
一定期間酵素を消費しない時間を設け、消化器官をゆっくりと休めるのです。


 

 

牛乳でカルシウム摂取、実は・・・

 

カルシウム摂取といえば牛乳、牛乳は健康に良いので欠かさないという方もいるのでは?
ところが、牛乳を飲み過ぎると結石や動脈硬化など、思わぬ病気の原因になることもあるのです。
残念ながらイメージと違って牛乳からはカルシウムが吸収されにくく、マグネシウムが足りていない人の場合には吸収どころか体内のカルシウムを奪ってしまうことも。
ですから飲み方には注意した方が良いのです。


 

 

甘いものは疲れた時に良い?

 

疲れたら甘いものが食べたくなる、甘いものを身体が欲するという方も多いですね。
なので、それが体にいいことと思っていませんか?
ところが甘いお菓子に沢山使用されている白砂糖、これが曲者です。
甘いお菓子を沢山食べると一気に血糖値が上がり、そして一気に下がって今度は低血糖に。
血液中の悪玉菌を増やしてしまう白砂糖は、偏頭痛や腰痛など身体の不調を招くこともあります。


 

 

生野菜は体を冷やす?

 

生野菜よりも加熱調理した野菜の方が冷え性に良さそうなイメージ、ありませんか?
加熱調理した野菜は温かく、嵩が減って沢山野菜を食べることができ、その分食物繊維も沢山摂れて健康に良いですね。
でも、意外に思われるかもしれませんが冷え性には生野菜の方がいいのです。
なぜかというと生野菜には酵素が含まれているからです。
実は冷え性の原因は酵素不足。
酵素不足は代謝、血液の巡り、そして冷えを引き起こすのです。
酵素が沢山含まれる生の野菜を毎食の料理で食べたりジュースにして飲むなどして、上手に活用しましょう。
生野菜以外に何かしたいのでしたら、玄米の粉を焙煎したブラックジンガーのお茶を飲んでみてはいかがでしょうか。
ところが甘いお菓子に沢山使用されている白砂糖、これが曲者です。
甘いお菓子を沢山食べると一気に血糖値が上がり、そして一気に下がって今度は低血糖に。
血液中の悪玉菌を増やしてしまう白砂糖は、偏頭痛や腰痛など身体の不調を招くこともあります。


 

スタミナにはやっぱり肉や魚?

 

疲れた時はスタミナをつけるために焼き肉!という方も多いのでは。
でも肉、そして魚の食べ過ぎは逆効果です。
なぜなら、肉や魚などの動物性たんぱく質は消化されるまでとても時間がかかります。
消化には消化酵素が欠かせないので、消化に長い時間がかかる分消化酵素も多く消費され、スタミナアップどころかダウンになりかねません。
酵素は健康にとってとても大切なので、疲労回復には肉や魚は控えめにして、酵素を温存することを考えた方がいいでしょう。
でも、意外に思われるかもしれませんが冷え性には生野菜の方がいいのです。
なぜかというと生野菜には酵素が含まれているからです。
実は冷え性の原因は酵素不足。
酵素不足は代謝、血液の巡り、そして冷えを引き起こすのです。
酵素が沢山含まれる生の野菜を毎食の料理で食べたりジュースにして飲むなどして、上手に活用しましょう。
生野菜以外に何かしたいのでしたら、玄米の粉を焙煎したブラックジンガーのお茶を飲んでみてはいかがでしょうか。
ところが甘いお菓子に沢山使用されている白砂糖、これが曲者です。
甘いお菓子を沢山食べると一気に血糖値が上がり、そして一気に下がって今度は低血糖に。
血液中の悪玉菌を増やしてしまう白砂糖は、偏頭痛や腰痛など身体の不調を招くこともあります。


 

 

カロリーよりも脂肪に注意

ダイエットというとまずカロリーカット、脂肪も控える、皆さんそう思いますよね。
もちろんカロリーの摂り過ぎはいけませんが、飽和脂肪酸の摂取過剰がより問題です。
ですから、ダイエットするなら食べる量以上に脂肪の摂り方を考えるのが正しいと言えるのです。