身体が必要とする本当の栄養素とは「酵素」です

食生活はPFCバランスが大事です。つまりタンパク質、脂質、炭水化物のバランスです。
そして外せないのがビタミンなどでしょう。しかし本当に食生活大切なのは「酵素」なのです。

 

酵素を摂取したければ生野菜、フルーツ、発酵食品で取ることができます。

 

生野菜、フルーツ、生の肉や野菜などにしか酵素は含まれていません。
私達現代人は加熱した加工食品などの食事が多く、重要な「酵素」が不足しているのです。
味噌や納豆、漬物などの発酵食品にも酵素は豊富に含まれています。
習慣的に生もの、発酵食品を食べるようにしましょう。

 

がん予防のために低タンパク質の食生活を

 

タンパク質を過剰に摂取してしまうと、酵素はそれらを消化しようと無駄づかいされていまいます。
特に動物性タンパク質の肉類、魚類などは消化不良の原因になるので、食べ過ぎないよう注意しましょう。

 

食物繊維を摂取して、酵素の力をアップしよう

食物繊維には野菜やおからなどに多く含まれる不溶性食物繊維と、海藻類に含まれる水溶性食物繊維があります。
消化吸収された食べ物のカスを体外に排泄するには、どちらの食物繊維も重要になります。
バランスを考えて、一方に偏らない食生活を心がけましょう。

質のいい脂肪の摂取を意識しましょう

 

脂肪は肥満も元と思っていませんか?
確かに脂肪1グラムで9キロカロリーなので、タンパク質や糖質の1グラム4キロカロリーに比べると
過剰な脂肪摂取は太る原因になっているのは間違いありません。
しかし、脂肪のすべてが悪なわけではありません。
マーガリンなどの身体に悪いトランス脂肪酸を避け、不足しがちなα-リノレン酸油を摂取することが重要です。
質のいい脂肪摂取は、健康的な食生活に不可欠なのです。

 

酵素、高食物繊維、低タンパク質に食生活を改善し痩せましょう

カロリー計算、運動、今まであらゆるダイエットを試したのに結果がともなわない。
それはあなたが酵素を摂取せず、間違ったダイエット方を続けている場合があるからです。
特定の食品だけを食べるなど、巷では様々な方法で紹介されていますが、健康的に痩せるには「酵素」が重要になるのです。